FOODCOINエコシステム

農業と食品企業のためのグローバルブロックチェーンエコシステム

First stage of the Token Generation Event (TGE) is now closed

In the near future the site will be updated to include more information for our current supporters and future participants in FoodCoin EcoSystem. Please register to stay updated with our news and follow the progress on our social media channels.
1

企業理念

FOODCOINエコシステム(FOOD)

FoodCoinエコシステムは、1000 EcoFarmsプラットフォームの経験に基づいて食品や農産物の世界的なマーケットプレイスを構築するために設計されたブロックチェーンエコシステムです。FoodCoinエコシステムはイーサリアムテクノロジーに基づいています

農家、農業機械製造業者、農産物加工業者、食品メーカー、カフェ、レストラン、食品配送サービス、食品や関連製品の生産者や、その他の消費者が、取引コストを下げ、生産性を向上し、食品産業を最適化するために、FoodCoinエコシステムコンポーネントツールを使用すると考えています。

Foodエコシステムには以下のツールが含まれます:
  • スマートウォレット
  • デジタルIDサービス
  • 原産地証明
  • 仮想通貨支払処理
  • カスタマイズ可能なユーザー向けプラットフォーム
2

1000 EcoFarms プラットフォーム

1000 EсoFarms

1000EcoFarmsは、世界的な自然食のB2BおよびB2Cマーケットプレイスです。このプラットホームは、数百人の小規模農家および食品生産者のためのマーケティング、注文および支払い処理サービス、ならびに個々の農家、食品購入クラブおよび生協のための、さまざまな追加機能を提供します。世界中の消費者や中小企業は、このプラットフォームを使用して、生産者と直接つながり、新鮮な自然食品を購入できます。
米国(ベテスダ、メリーランド州)とロシア連邦(モスクワ)のオフィス
米国(ベテスダ、メリーランド州)とロシア連邦(モスクワ)のオフィス
米国とロシアに600以上の売り手アカウント
米国とロシアに600以上の売り手アカウント
1500以上の個別の商品が登録済み
1500以上の個別の商品が登録済み
4000人以上の登録ユーザー
4000人以上の登録ユーザー
2016年10月現在の収益
2016年10月現在の収益
5大陸で事業
5大陸で事業
動画
3

コンセプト - テクノロジー - 構造 - 機能

開発コンセプト

開発コンセプト

FoodCoinエコシステムのコンセプトは、伝統的な財務、法律、保険、物流機関によって提供されるサービスを補完し、プラットフォームと伝統的なビジネスの間のさらなる協力のための手段を提供し、機能を拡張し、強化ことです。
テクノロジー

テクノロジー

FoodCoinエコシステムは、イーサリアムブロックチェーンに基づいた連携ノードのピアツーピアネットワークを提供します。各ノードには、FoodCoinブロックチェーンの完全なコピーが格納されます。これらのノードは、データの不正な改ざんに対する保護を最大限にするために、ブロックチェーン構造だけでなく、非公開のアーキテクチャにも用意されています。
構造

構造

FoodCoinプロジェクトには、システム参加者間の効率的で安価な商取引を行うために必要な、スマートコントラクト、支払い処理、デジタルIDサポートなどのいくつかの基本機能の開発が含まれます。
機能

機能

FoodCoinエコシステムには、データアクセスとトランザクション処理のための階層的でカスタマイズ可能なシステムが含まれます。 FoodCoin構造の各要素は、プラットフォームの残りの部分と有機的にリンクされていますが、独立して動作できるツールです。
4

さらに

FoodCoin  -  ビッグデータとAI

FoodCoin - ビッグデータとAI

FoodCoinのエコシステムはデータを収集し処理し、AI分析の基礎を形成します。これはシステム参加者、第三者とのリアルタイムのダイナミックコミュニケーションを可能にし、気候の変動、地理的なロケーション、季節性などとリンクした大カテゴリの商品の価格、購入の可・不可の変更を伝えることができます。

また、この集計情報の分析は、将来の収穫における価格の予測を支援し、生産者、農家およびビジネス消費者が未来の計画を立てられるようにします。
FoodCoinのIoT

FoodCoinのIoT

FoodCoinエコシステム機能は、センサー、バーコードスキャナー、量りなどのモノのインターネット(Iot)デバイスとユーザーをAPIでつなげるインターフェースとしてプラットフォームを利用できます。これらのデバイスは、契約の署名、確認、取引の取り消しなどができるスマートコントラクト(Smaco)の一部となります。スマートコントラクトは、開発したアルゴリズムに基づいて、デバイスからの入力と指示を受け取り、その入力に基づいて支払いを開始またはキャンセルしたり、取引を第三者の仲裁に委ねたり、他の取引関連タスクを実行することができます。
FoodCoinスペシャルプロジェクト

FoodCoinスペシャルプロジェクト

FoodCoinを閉鎖されたコミュニティで補完的な社会通貨として使用することで、地元で生産される商品やサービスの需要を促し、地域の経済活動を刺激できます。
非営利団体のためのFoodCoin

非営利団体のためのFoodCoin

FoodCoin仮想通貨は、飢えに苦しむ人々、困難な状況にある農家、環境保護や社会支援をする慈善団体に、迅速かつ簡単に資金援助を提供する仕組みとして使用できます。
5

可能性

FoodCoinエコシステムの主な機能は、Fintech(フィンテック)に関連しているため、プラットフォームを拡大するために伝統的あるいはオンラインの銀行と提携を目指しています。また、法律、保険、物流会社、ならびに地域、国または国際レベルでの貿易管理に関連するその他のサービスは、FoodCoinエコシステムの潜在的パートナーおよび顧客の自然なセットを形成します。

将来のパートナーシップを促進する主な要素は次のとおりです。

Quick integration into the realities of the new global digital economy with new sources of income;
Quick integration into the realities of the new global digital economy with new sources of income;
貿易取引チェーンからの除外および顧客基盤の減少のリスク。
貿易取引チェーンからの除外および顧客基盤の減少のリスク。
06

ロードマップ

8/2017
市場調査
10/2017
スイスにFoodCoin社を設立
11/2017
TGE第1ステージ。 Wallok wallet v.1.0をローンチ。
12/2018
DiPay支払処理と多機能Wallokウォレットv.2.0をローンチ
5/2019
Smaco(FoodCoinスマートコントラクトシステム)をローンチ
12/2019
DIGID(リモート識別プロセス)をローンチ
10/2020
PRORID(製品産地認証システム)ローンチ
7

ボーナス

参加者向け特別オファー

参加者は、マルティプライヤーでトークンを購入するオプションがあります。
x 1
両替レート:
ETH 1 = FoodCoin 100(FdC)
1 FdC = 100 FOOD
他の金融機関との食品代金の交換は、トークン生成イベントの最終日後に現在の換算レートで行われます。
8

チーム

Gregory Arzumanian
Gregory Arzumanian
1000EcoFarmsの共同設立者。 連続起業家。 過去に、水耕栽培システムと水産養殖システムの研究と製造のための農場間モデルに焦点を当てた、複数の企業を経営していました。 水耕栽培飼料とマイクログリーンの成長に必要な設備の専門家でもあります。また、ロシア連邦の最大の農業研究機関との関係を確立してきました。
Sergey Grigoryan
Sergey Grigoryan
20年以上の買い手としての投資経験を持ち、多国籍資産運用会社Pioneer Investments(現Amundi Pioneer)の国内支社など、複数の大手ロシア投資家のために数十億のポートフォリオを管理しました。エンジェル投資家でもあり、財務面でも顧問としても、当初からプロジェクトを支援してきました。
Konstantin Maratayev
Konstantin Maratayev
テクノロジーの専門家と建築家。従来の支払いシステムや暗号通貨支払いシステムの統合を含む、Webベースおよび電子商取引プロジェクトに特に重点を置いた、情報技術で15年以上の経験をもつ専門家です。
Anna Maslova
Anna Maslova
経験豊富なジャーナリスト、作家、新聞記者。 言語学や外国語にに関心がある。簡単な言葉で複雑なことを説明するユニークなスキルを持っています。

諮問機関

Mark Meytin
Mark Meytin
1000 EcoFarmsの共同設立者。 Webベース、電子商取引、エンタープライズプロジェクトに特に重点を置いて、情報技術とビジネスコンサルティングで25年以上の経験を持つ専門家。 顧客は、米連邦政府機関から、ジョンズ・ホプキンス大学のような大規模な研究機関、インターネットの新興企業や中小企業にまで及んでいました。
Liz Reitzig
Liz Reitzig
小売、政策、農家支援など、あらゆる角度から食糧システム業界で10年近く働いています。2007年には、DC地域でバイヤークラブ事業を設立しました。2013年、ウェブサイトとコンサルティング事業「Nourishing Liberty」を立ち上げました。また、次世代のGMOフリー食品と健康意識の高い5人の子どもの母親です。
Masaharu Hayataki
Masaharu Hayataki
Born and raised in Japan, worked in Europe. Digital Marketing Consultant specialized in the Japanese market. Masaharu has brought many startup companies to Japan and has helped them succeed. Responsible for influencer relations in Japan
tmp imgtmp img
 
 
 
 
ロード中。しばらくお待ちください。...
ロード中。しばらくお待ちください。...